「男の料理」について考える

 - 

ある知人女性から「男の料理」について、大変興味深い話を聞いたことがあります。

その知人のご主人は、料理をするときは「そのこと」しか考えていないので、後々が大変だというのです。
つまり、1カ月のうち割り当てられた食費を考えずに豪華な食材を調達するので、家計費の調整に困るというものです。

たとえば、カレーライスをつくるとき、付け合せのサラダのために、バナナ1房(10本以上)や、アスパラやチェリーの缶詰まで買うそうです。
このような「豪華一点主義」な買い物をされると、その弊害で困るのは、ほかでもない妻の自分だと・・・

この話を聞いているうちに、だんだん耳が痛くなってきました。
私も、後さきのことを考えずに、大胆なことをすることが多いからです。

もちろん、お金に細かすぎる男性もいて、同性の自分も引いてしまうことがありますが、やはり、なにごとにも「ほどほど」でしょうか。
また、夫婦間でバランスが保てていると、ストレスにもならないと思いますが、そればかりは、第三者にはわからないものがあります。


複数の方法で髪の毛を染めるときは?

 - 

髪の毛を染めるときは、一度だけで済むのではなく
一定の期間を置いて、染め直す必要がありますね。
これは、若い人が行っているカラーリングでもいえることですが
とにかく、繰り返すことが大切です。

もし、そのまま放置していると
髪の毛が伸びるにともない、根本部分が目立ってしまいます。
しかも、白い髪の毛だと年齢を感じてしまうので
できるなら避けたいところです。

とはいえ、髪の毛を染めるサイクルもあるし
それを前倒しにするのは、不安になることもあります。
そんなときは、気になる部分だけをケアできるタイプがあり
外出時に、さっと使えるので大変便利です。

このように、髪の毛を染めるときは
複数の方法を組み合わせることもできます。
ただし、いま使っている染料との相性も心配ですので
事前に確認することが大切です。

特に、お肌の弱い人は頭皮への影響もありますので
メーカーに問い合わせるなど
きちんと納得してから使いたいものです。

なお、複数のタイプの染料を扱っているメーカーもあります。
髪の毛のトラブルが気になる場合は
同じメーカーの商品で揃えるほうがいいかもしれません。
xn--ebkxfydzb9d9b1452dbsya4r2e.pw


思っていたよりも痛くてビックリ

 - 

ずっと前から使っていた電気シェーバーが壊れてしまったので、同じような値段のものを買ってきました。

本当はもう少しちゃんとしたものを買いたかったんだけど、予算があまりなくて。

手頃な値段のものがあったのでラッキーと思ったんだけど、安いだけあって痛いんですよ。

あ!

ちなみに私がかった電気シェーバーというのはムダ毛処理に使うやつです。

電池式のものを長年使ってたんだけど、流石に歯の部分が古くなってきちゃって、キレイにムダ毛を処理することができなくなって。

それで似たようなものを買ってみたんです。

シェーバーなのでどれも同じだと思っていたのが間違いだったみたい。

激痛で我慢することもできない・・・という感じではないものの、シェーバーで痛みがあるというのはショックです。

しかも剃り残しも多いし、これは失敗してしまった感じですよね。

使い続けてもいいことはなさそうなので、ここは諦めて、当分の間はカミソリを使って処理をしようと思います。


ノースリーブは着れない

 - 

20代前半は全く気にならなかったワキの黒ずみ。

いつくらいから気になるようになったのかは覚えていないけど、今では恥ずかしくてノースリーブの洋服を着ることができなくなってしまいました。

二の腕が太いというのもあるのですが、それ以上に気になるのがワキの下。

おそらくワキ毛の処理の仕方が良くなかったんだと思います。

他人と比べたことはありませんが、おそらく自分は薄い方だと思います。

毛抜きで数本抜く程度で終わりますから。

パパっとケアが終わってしまうので、実は処理後のケアもちゃんとしたことがありません。

保湿クリームとか、処理後に使うローションを使った方がいいのかもしれません。

擦れたりするのも黒ずみの原因かもしれないので・・・

一度黒ずんでしまった部分を元の状態に戻すのはすごく難しいと思います。

どのくらいかかるかわかりませんし、もしかしたらこのままの状態かもしれないけれど、何もしないよりは何かしらのケアを始めた方がいいですよね。

とりあえず処理をする回数を出来るだけ減らすようにして、普段から保湿をするように心がけてみようと思います。


産毛のお手入れは大事

 - 

気がつくと1ヶ月くらい、産毛の処理をしていないこともあるんだけど、そうすると鏡を見てぎょっとするんですよね。

眉毛も繋がりそうになってるし、口の周りに薄らとヒゲが生えてきたり。

「これは女を捨ててるな」と実感もしてしまいます。

流石に毎日カミソリを使ってお手入れをするのは、お肌への負担が大きいと思うので、最低でも週一でケアをするように心がけています。

それでもうっかりすると1ヶ月も放っておいてしまうんですけどね。

なので私の場合は、週末にしているスペシャルケア専用のボックスを用意して、その中に必ずカミソリを入れています。

そうすればパックをするときに、産毛の処理のし忘れもなくなりますからね。

それまでは鏡台のところに置いてみたり、洗面台のところに置いてみたりと色々なことをしていたけど、一箇所にまとめて置いておくことで、忘れることもなくなりました。

専用のボックスは100円均一で可愛いものを見つけたので、それに入れていますが、最近は可愛いボックスが増えたので揃えるのも楽しいですよ。